インテリア
カラーの選び方

最初はイメージ探しから

「インテリア」は住まいの内装材や家具、ファブリック、照明など実にさまざまなものの組み合わせで成り立っています。そのため、あまり考えずに一つひとつの思いつきで選んでいくと、最後にはバランスの悪い印象の空間になってまうことも。そんな失敗をしないために、ぜひ心がけたいのが「イメージの統一」。すべての要素を自分が好きな色やイメージを基本に選んでいくのです。まずは、インテリア雑誌やカタログを見て「これいいな」と思う自分の好きな家具や小物の写真を切って集めてみましょう。

インテリアスタイルを決めよう

インテリアには、モダンやナチュラル、シック、クールなど様々なスタイルがあります。集めた写真やサンプルをノートに貼付けて、左のイメージスケールに照らし合わせてみましょう。どのスタイルが多いか確認することで、自分の好みの傾向が見えてくるはずです。このようにイメージの方向性を定めることが重要です。

インテリアカラーの基本

室内の色は、ベースカラー、アソートカラー、アクセントカラーで構成されています。

● ベースカラー
床・壁・天井など、室内の大半(約70%)を占める色。
● アソートカラー
インテリアのメインになる色。カーテンやソファ、ラグマットなど大きめの家具がこれにあたります。室内の約25%くらい。
● アクセントカラー
空間のアクセントになる色。クッション、小物、花などがこれにあたり、室内に約5%程度取り入れるとバランスよくコーディネートできます。アソートカラーの反対色や鮮やかな色を使うほど、室内にメリハリが。

インテリアの色彩計画

床の色で部屋のイメージを決める

面積が大きく視界に入る床は、色彩計画の基本となります。 例えばフローリング(ブラウン系)にも、明るい色やダークな色、赤みの強い色やグレイッシュなブラウンなど様々な色みがあり、床の色とアソートカラー、アクセントカラーの色みを統一させることで、部屋のイメージをまとまりやすくします。

本当は色みの多い『白』

多くの壁に使われる白にも様々な色みがあります。床同様、アソートカラーやアクセントカラーの色みを統一させましょう。壁面ごとや、壁と天井で色の明るさを変えると、空間の奥行きが広がります。

照明によって色のイメージは変わります

光にも色はありますので、照明の種類によって色が違って見えます。大きく分けて、白熱灯、電球色蛍光灯、昼白色蛍光灯の3種類があります。一般的に白熱灯の方が色をキレイに見せると言われていますが、最近では白熱灯と同じような蛍光灯も数多くありますし、LEDなどエコに役立つ照明もありますので、ショップなどで実際に見て選んでみましょう。

インテリアに関するお問い合わせはこちら

インテリアカラーの選び方

ウエカドでは命を守る家づくり、心和む家づくりをモットーに最良の住まいをお届けします。

テイスト別インテリア(準備中)

二代に渡り、職人として培ってきた技術をもとに、新たなビジネス展開を繰り広げるウエカドをご紹介致します。

ハッピーモデルハウス

ウエカドのスタッフ一人ひとりの個性と思いで皆様の夢の実現をサポート致します。